HOME » しみ・そばかすなんでもQ&A » しみ そばかすの種類について

しみ そばかすの種類について

シミやそばかすは同じような見た目でも、さまざまな種類があります。シミの種類や特徴、できやすい場所はどこでしょうか?

老人性色素斑

老人性色素斑は薄茶色で、輪郭がハッキリとした円形のものや、丸に近いもの、形がいびつなものが多いことが特徴です。いわゆる一般的に「シミ」といわれるタイプのものです。老人性色素斑は、顔のどんな部分にもできやすいのですが、一般的に多く発生する場所は頬骨の辺りです。顔の一番高い部分で、紫外線が当たりやすい場所だからです。老人性色素斑は、紫外線を浴びてすぐに発症するのではなく、40歳前後に発症しやすくなるといわれています。また、色白な方や外作業が多い方などは、30代で発症している方もいます。これ以上シミが増えないように・作らせないように、UV対策をしっかりと行うことが大切です。

肝斑

肝斑は、両頬・額などに左右対称にあるのが特徴で、もやっとしたシミが広がっている状態は肝斑だと考えられます。更年期や、ピルを飲んでいるとき、妊娠、出産時期などに多く発症します。肝斑の認知率は約10%と低いのですが、シミに悩む女性の約40%が肝斑の可能性があるそうです。発症しやすい年代は30~50代で、若い方や高齢の方の発症率は低いです。シミ=レーザー治療というイメージを持っている方も多いですが、肝斑はレーザー治療をすると余計にシミが濃くなったり広がったりと、逆効果になることもあります。内服薬のビタミンCとトラネキサム酸が改善・予防に効果が期待できるといわれています。

雀卵斑(そばかす)

そばかすは、目元まわりや、頬の上部などに、小さいシミが散らばっている状態のことです。色は茶色で、春から夏にかけて、そばかすの色が濃くなるという特徴があります。できやすい年齢というのは特になく、小学生~高齢の方まで、幅広く発症する可能性があるシミです。そばかすには大きく分けて、先天的なものと後天的なものに分けられます。先天的なものは、思春期に増え、その後だんだんと少なくなります。後天的なものは、大人になってから発症すると、自然に消えることはほとんどない、とても厄介なものです。後天的なものは、年齢を重ねるごとに目立ちやすくなるので、日ごろからUV対策や睡眠不足の解消、ストレスをためない生活などを心がけましょう。

炎症後色素沈着

炎症後色素沈着とは、ニキビや傷、虫刺され、かぶれ、湿疹、やけどなどの炎症が原因でできるものです。色は赤茶色で、顔のどんな部分にもできます。特に、10代の思春期のニキビがひどいと炎症後色素沈着になりやすい傾向があります。炎症後色素沈着ができる大まかな流れは、ニキビ跡などが赤みとなる→紫外線を受ける→メラニンが発生→排出できなかったメラニンが肌の奥に残る→ターンオーバーで肌の表面に出現→炎症後色素沈着という感じです。

4つのパターンのシミについてまとめました。共通しているのは「紫外線対策をしっかりとすること」です。それくらい、紫外線は肌にとっては有害なものなのです。

しみ・そばかすに効く 医薬品を徹底比較
本気でしみ・そばかすを消したいなら… 現役医師が認めた有効成分をチェック
松村 圭子医師

当サイト監修

成城 松村クリニック
松村 圭子医師

日本で一番女性にやさしいクリニックを目指す、成城松村クリニックで院長を務める松村圭子先生に監修頂いています。