HOME » しみ・そばかすなんでもQ&A » できてしまう原因

できてしまう原因

しみ・そばかすができる原因と、メカニズムを分かりやすく解説。なぜ、歳をとるとできやすくなってしまうのか、その理由についても詳しくご紹介します。

しみそばかすはなぜできる?原因は?

30代、40代と年齢を重ねるにつれて増えていく、しみやそばかす。

「年だから仕方ない」と諦めてしまう方もいますが、しみやそばかすの原因を知ることで予防できたり、悪化を防げたりします。まずは、しみやそばかすができる原因を正しく理解しましょう。

しみ・そばかすができるメカニズム

しみやそばかすはメラニン色素が肌に残り、黒ずみとして沈着した状態です。私たち人間は紫外線から身を守るための働きが備わっていますが、その役割の一つを担っているのがメラニンです。

紫外線が体の奥まで入ってしまうと、肌を守る働きを持つ成分が破壊されたり、皮膚がんを引き起こしてしまうため、紫外線から肌を守る働きを持つ「メラニン」が生成。メラニンは、しみやそばかすの原因になる悪いもののイメージが強いですが、本来は皮膚を守るために生成されているのです。

本来、メラニンは新陳代謝により周期的に皮膚表面から剥がれ落ちてなくなるものですが、体の不調や老化、ストレスにより肌の新陳代謝が乱れると排出されず残ってしまいます。

肌の新陳代謝とは、よく耳にするターンオーバーのこと。ターンオーバーが乱れると、メラニンを作るメラノサイトと呼ばれる細胞が正常に機能しなくなり、メラニンが過剰に作られるようになります。こうしてメラニンの生成と排出のバランスが崩れることで、メラニンが排出されなくなり、しみやそばかすができてしまうのです。

しみやそばかすができやすいシチュエーション

しみの原因はメラニンの過剰生成だとお話ししましたが、メラニンの活性化には次の四つの原因が挙げられます。

1)紫外線を浴びる

紫外線を浴びると皮膚のメラノサイトが刺激され、メラニンが増えます。

2)ストレスを感じる

メラニンの生成を促すホルモンは、ストレスの影響を受けやすいです。ストレスを感じやすい人は、しみになりやすいと言われています。

3)ホルモンバランスが乱れる

加齢や妊娠、ストレスなどでホルモンバランスが乱れると、黄体ホルモンなどがメラノサイトを刺激し、メラニンが増えます。

4)刺激物を摂り続ける食生活

カフェインなどの刺激物質を含む飲食物を摂り続けていると、メラノサイトが刺激され、メラニンが増えてしまいます。

悲しいことに、若い頃は新陳代謝とともにメラニンは消えてなくなるのですが、30代以降になるとターンオーバーの機能が衰えていくため、メラニンが皮膚に沈着してしみになってしまうのです。

日焼けには2つの種類があるといわれています。それぞれの症状や日焼け後の対処法などについてまとめました。

日焼けの種類と症状の違い

日焼けの種類には、サンバーンとサンタンの2種類があります。その違いについて説明します。

サンバーンの症状

紫外線を浴びるとすぐに赤くなり、ほてりや痛みを感じることです。ひどい場合は、水ぶくれができてしまうことも。肌が赤くなる、軽いやけど状態です。

サンタンの症状

紫外線を浴びるとすぐに黒くなり、2~3日ほどで黒い色が定着します。サンバーンに比べて日焼けの症状は軽度ですが、シミの原因になってしまうのはサンタンです。

日焼け後の対処法

サンバーンとサンタンは、日焼け後の対処法が違います。

サンバーンの場合

美白成分が入っているものをすぐに使うと刺激が強すぎて炎症を起こしてしまうこともあります。冷水やアイスノンで冷やすだけにして、痛みや赤みが収まってから美白成分のあるローションなどを使いましょう。

サンタンの場合

まずは日焼けした部分を冷やします。その後、美白化粧水を使って、メラニンの生成をできるだけ早く抑えましょう。サンタンの場合は、シミやシワの原因になってしまうので、日ごろからUV対策を欠かさないようにすることが大事です。

しみとそばかすの違い

しみは主に加齢現象としてできるものですが、そばかすは遺伝的な要素が強く、生まれつきできやすい体質である場合がほとんどです。

先天的なそばかすは思春期に増え、成人すると消える場合もあります。ただし、紫外線の影響を受けやすく、浴び過ぎると濃くなってしまうこともあるので注意が必要です。

しみとそばかすは原因やできる年齢に違いがありますが、メラニン色素沈着が原因だという点で共通しています。

しみやそばかすを増やさない、濃くしない対策としては紫外線ケアとともに、メラニン色素の生成を抑制する働きをもつ成分を摂取することも大切です。

老人性色素斑

老人性色素斑は、色は薄茶色で、輪郭がハッキリとした円形のものや、丸に近いもの、形がいびつなものが多いのが特徴で、一般的にシミといわれるもの。顔のどんな部分にもできやすいのですが、一般的に多く発生する場所は紫外線の影響を一番受けやすい頬骨の辺りです。40歳前後に一番発症しやすいのですが、色白な方や外作業が多い方などは、30代で発症している方もいます

肝斑

肝斑は、両頬・額などに左右対称にあるのが特徴で、もやっとしたシミが広がっています。更年期や、ピルの服用中、妊娠、出産時期などに多く発症します。発症しやすい年代は30~50歳代です。

雀卵斑(そばかす)

そばかすは、目元まわりや頬の上部などに小さいシミが散らばって発症します。先天的なものと後天的なものとに分けられ、先天的なものは思春期に増え、その後だんだんと少なくなります。後天的なものは、大人になってから発症すると、自然に消えることはほとんどありません。

炎症後色素沈着

炎症後色素沈着とは、ニキビや傷、虫刺され、かぶれ、湿疹、やけどなどの炎症が原因でできます。色は赤茶色で、顔のどんな部分にもできます。特に、10代の思春期のニキビが紫外線にあたり、炎症後色素沈着となるケースが多いです。

しみ・そばかすは日頃のケアが大切

しみやそばかすは一度できてしまうとなかなか消えません。肌の表面をピーリングしたり、しみやそばかすを消す薬物療法もあったりしますが、これらは対症療法に過ぎず、同じような生活を送っていると、またしみやそばかすができてしまいます。

顔だけでなく、腕や背中、手の甲など、さまざまな場所に発症するシミ。その原因は何なのでしょうか?また、体のシミはどんな成分を摂取すれば効果的なのでしょうか?

体にできるシミの特徴や原因

体にできるシミの特徴や原因、対処法についてまとめました。

手の甲にできる原因と対処法

手の甲にシミができる原因は、紫外線が影響しています。UVカット効果がある手袋をして、紫外線の影響を受けないようにすることが大切です。

腕にできる原因と対処法<

腕にシミができる原因は、紫外線の影響もありますが、服の摩擦などの外部からの肌への刺激も影響しています。シミを作らないためにも、紫外線カット効果のあるアームカバーやパーカーなどを着ましょう。

背中にできる原因と対処法

背中にシミができる原因は、ニキビや吹き出物の色素沈着の場合が多いです。角質層の奥の炎症を抑えて、ターンオーバーを整えると、シミなどの色素沈着を改善することができます。

体のシミに効果的な成分と摂取方法

シミにはハイドロキノンとトレチノインいう最高レベルの美白成分を掛け合わせることで改善されます。主に化粧品での摂取となります。

体のシミに効果的なサプリメント

テレビCMでもおなじみの「キミエホワイトプラス」は、従来のものよりも成分がUPしています。薬のような副作用がないので、安心して服用することができます

しみ・そばかすに効く 医薬品を徹底比較
本気でしみ・そばかすを消したいなら… 現役医師が認めた有効成分をチェック
松村 圭子医師

当サイト監修

成城 松村クリニック
松村 圭子医師

日本で一番女性にやさしいクリニックを目指す、成城松村クリニックで院長を務める松村圭子先生に監修頂いています。