クリニック

美容皮膚科で行われるしみ・そばかす治療に興味がある方に向けて、具体的な治療法や期待できる効果をまとめました。実際に通院している方の口コミや感想も掲載していますので参考になさってみてください。

しみ・そばかす対策、最も有効なのはクリニックでの治療?

「しみやそばかすを本気で消したい」という方は、クリニックでの治療はいかがでしょうか。皮膚やしみの専門家である皮膚科医のもと、的確な治療が受けられるので、リスクが非常に低く安心感があります。しかし、クリニックでの治療にはメリット・デメリットが存在しますので、皮膚科に相談する前に、治療の特性を理解しておきましょう。

保険適用内と保険適用外がある

しみ・そばかすの治療が受けられる医療機関は、皮膚科もしくは美容皮膚科です。一般的に、皮膚科ではイボやニキビなど保険適用内の治療を提供し、美容皮膚科では美肌や若返りなどの保険適用外の治療を提供しています。

しみ治療では、ハイドロキノンクリームやトレチノインクリームなどは保険適用外となりますが、トラネキサム酸やビタミンCなどの内服薬は保険適用内となるケースがあります

保険適用外となると治療費が高額になるためハードルが高くなりますが、治療を受けることで劇的に状態が良くなり、短期間で完全にしみを消し去ることが可能です。

化粧品ではいくら効果が高くてもしみを完全に消すことはできません。そのため、美容皮膚科は「高額な費用がかかってもいいから、しみ・そばかすを消したい」と願う女性に支持されています。

美容皮膚科でなくても保険適用外の治療を提供している場合もありますから、よく確認して、自身にあったクリニックを選択すると良いでしょう。

クリニックで受けられるしみそばかす治療の種類

レーザー治療

周囲の皮膚組織を傷つけることなく、しみやそばかすとなっているメラニン色素だけにレーザーを照射し、色素を破壊。レーザーを当てたしみ・そばかすはかさぶたとなって浮き上がり、やがてぽろりと剥がれ落ちて、きれいな肌になります。

治療費用はクリニックにより異なりますが、直径2mm未満で1回あたり3,000円くらいが相場です(初診・再診・薬代は除く)。

光治療

レーザーのようにピンポイントの照射ではなく、複数の波長の光を同時に照射する方法です。レーザーよりも広範囲に照射できるため「目立つしみを消し去りたい」というよりは、「しみ全体を薄くしたい」人に向いている治療法です。

内服薬

トランサミンやビタミンCなどの内服薬を飲むことで、肌の新陳代謝を促進したり、メラニンの生成を抑制したりします。体の内側からのアプローチとして活用されます。

塗り薬

ハイドロキノンやトレチノインが一般的です。ハイドロキノンはしみの漂白作用があり、トレチノインは肌のターンオーバーを正常にしたり、メラニンを排出したりする働きを持っています。

クリニックで治療を受けた人の口コミ

  • 頬全体に広がるしみは光治療で薄くし、濃く頑固なしみはレーザーで治療しました。思ったよりきれいにしみがとれたので驚きました。
  • レーザー治療でしみ取りをしました。ハイドロキノンと薬代が別途かかるので、主婦には痛い出費です。しかし、長年悩んでいたしみがとれて大満足です。
  • 目元のしみがコンシーラーでも隠せなくなってきたため、思い切って美容皮膚科に相談しました。施術の説明をしっかりしてくれる先生だったので、初めてでも安心して治療が受けられました。
しみ・そばかすに効く 医薬品を徹底比較
本気でしみ・そばかすを消したいなら… 現役医師が認めた有効成分をチェック
松村 圭子医師

当サイト監修

成城 松村クリニック
松村 圭子医師

日本で一番女性にやさしいクリニックを目指す、成城松村クリニックで院長を務める松村圭子先生に監修頂いています。