メイク

顔のしみ・そばかすをメイクで上手に隠す方法をまとめました。「シミを隠そうとすると厚塗りになってしまう…」とお悩みの方は、ぜひご覧ください。

しみ・そばかすを隠すメイクのコツ

スキンケアでのしみ・そばかす対策は大切ですが、すぐに効果が出るわけではありません。「できてしまったしみ・そばかすをとりあえずメイクで隠したいけど、どうしても厚塗りになってしまう…」とお悩みの方は多いのではないでしょうか?

しみ・そばかすを隠すアイテムは、ファンデーション、コンシーラー、BBクリームなど色々ありますが、使い方を間違えてしまうとかえって老け顔になってしまう恐れも。

こちらでは、コスメの選び方やアイテムの上手な使い方などを解説します。

しみ・そばかす隠しに適したコスメと選び方のポイント

ファンデーション

リキッド、パウダー、クリームと種類がありますが、しみ隠しに適しているのはクリームタイプのファンデーションです。リキッドタイプはカバー力がありますが、かえって厚塗りに見えてしまうこともあるため、スポンジで叩きこむなどのテクニックが必要。

メイクを短時間で済ませたい方や、メイクのテクニックに自信がないという方は、クリームタイプが扱いやすく無難といえます。

しみが気になる部分は、いつもより少し多めにのせ、ファンデーションと肌の境目を指でなじませるように塗りこみましょう。しみの中心部には、できるだけ触れないようにしてください。

コンシーラー

コンシーラーは、ファンデーションとしみの中間くらいの明るさを選ぶと自然な仕上がりになります。濃いしみ、薄いしみが混在する場合は、面倒でも2種類のコンシーラーを用意して使い分けるのがおすすめです。

コンシーラーはカバー力と崩れにくさを両立する必要があるため、なかには洗浄力の強いクレンジングを使わないと落としきれないものもあります。

乾燥肌や敏感肌の方がこのようなコンシーラーを使うと、肌の乾燥を悪化させる恐れもあるため、肌に優しく落とせるタイプかどうかを確かめたうえで使うようにしてくださいね。

BBクリーム

BBクリームはもともとの皮膚の炎症を抑え、紫外線から肌を守るクリームとして開発されたものなので、しみ・そばかす対策にはぴったりです。

BBクリームは指やブラシ、スポンジで伸ばしていきますが、最も簡単なのは、指でちょんちょんとシミの上にのせてから指先でたたきながら薄く伸ばし、なじませる方法です。

仕上げにフェイスパウダーをふんわりのせれば、よりナチュラルな仕上がりになります。

しみ・そばかすに効く 医薬品を徹底比較
本気でしみ・そばかすを消したいなら… 現役医師が認めた有効成分をチェック
松村 圭子医師

当サイト監修

成城 松村クリニック
松村 圭子医師

日本で一番女性にやさしいクリニックを目指す、成城松村クリニックで院長を務める松村圭子先生に監修頂いています。