有効成分

しみやそばかすを改善させるためには、お肌にとって良い成分を取り入れることが大切です。具体的にどのような成分が有効なのかご紹介します。

しみ・そばかすを改善するのに効果的な成分とは?

ビタミンA

ビタミンAには皮膚の新陳代謝を活発にする働きがあります。しみやそばかすを改善させるためには新しい肌を作らなければなりません。肌のターンオーバーという新陳代謝機能を高め、肌がしみやそばかすを排出する手助けをしてあげましょう。鶏のレバーや豚のレバー、ウナギのかば焼きなどに豊富に含まれている栄養素です。

ビタミンC

ビタミンCといえば、美肌のためのビタミンや若返りのビタミンとまで言われるほど美肌効果の高い栄養素です。緑黄色野菜のほか、淡色野菜、レモン、オレンジなどの果物などに多く含まれています。

嬉しいことに、ビタミンCにはメラニンの生成を抑える効果があり、現在できているしみを改善するだけでなく、新たなしみができないように予防する効果も期待できるのです。他にも高い抗酸化作用があり、しわなどの改善にも役立ちます。

ビタミンB群

皮膚を健康に保つ効果を持ったビタミンです。中でもレバーや大豆、卵、乳製品などにふんだんに入っているビタミンB2、肉や魚などに多く含まれているB6は重要な役割を果たしているのでしっかり取り入れるようにしましょう。

ビタミンB群もメラニンの生成を抑える効果を持っており、ニキビ跡の色素沈着が原因でできてしまったしみにも効果を発揮します。ビタミンCやビタミンB群は水溶性のビタミンということもあり、摂取してすぐに使われなかったものは尿で出てしまいます。

そのため、一度にまとめて取り入れるのではなく、毎日の食事の中でしっかりと取り入れるように心がけましょう。

ビタミンE

ビタミンEはアーモンドや植物油などに含まれており、ビタミンCと一緒に摂ると更に効果がアップします。しみやそばかすといった色素沈着に効果を発揮するだけでなく、高い抗酸化作用を持っているため様々な肌トラブルを改善させるのにも役立ってくれるでしょう。

しかし、ビタミンEは脂溶性なので過剰摂取には注意が必要です。サプリメントで取り入れるのではなく、食事から摂取するのがおすすめです。

ポリフェノール

ポリフェノールの中でもイソフラボンやクルクミン、レスベラトロールといったものが高い抗酸化作用を持っており、しみやそばかすに働きかけてくれます。現在できているしみを改善するほか、これからできるしみを抑制する働きもあり、アントシアニンには肌にしっかり栄養素を届けるために欠かせない血行改善効果などもあるのが魅力です。

タンパク質

タンパク質は皮膚を作るために欠かせない材料です。そのため、タンパク質が不足しているとターンオーバーがうまく行われなくなり、しみが落ちにくくなってしまいます。肉や魚、大豆、卵などに豊富に含まれてるのでしっかり取りましょう。

亜鉛

必須ミネラルであり、ビタミンCと共に摂取すると吸収率が高まります。タンパク質を合成する際に欠かせないため、忘れずに取り入れてみてくださいね。肉類、魚類、穀物などに豊富に含まれているのが特徴です。食生活からなかなか取り入れられない場合はサプリメントを検討してみるのも良いでしょう。

このように、しみやそばかすを改善するためには様々な成分の効果を発揮します。どれか一つだけを摂取するのではなく、総合的に取り入れられるように工夫してみましょう。

積極的に摂りたい!しみ・そばかすに効くその他の成分はこちら>>

しみ・そばかすに効く 医薬品を徹底比較
本気でしみ・そばかすを消したいなら… 現役医師が認めた有効成分をチェック
松村 圭子医師

当サイト監修

成城 松村クリニック
松村 圭子医師

日本で一番女性にやさしいクリニックを目指す、成城松村クリニックで院長を務める松村圭子先生に監修頂いています。