HOME » 年代別で異なるしみ・そばかすの原因とケア方法 » 30代のしみ・そばかすの原因とケア方法

30代のしみ・そばかすの原因とケア方法

10代や20代の頃はそうでもなかったものの、30代になってから一気にしみやそばかすが増える方も少なくありません。大きなしみがあるとメイクでも隠しきれず、悩みの種にも繋がりますよね。

そこで、具体的な対策についてご紹介しましょう。

30代のしみ・そばかす

年代によって肌に抱える悩みは違いますが、30代の女性の中で最も多い肌の悩みがしみとされています。30代になると肌の水分量も少なくなり、自分でも「年を取ったな」と感じる方も増えるはず。

そこにしみがあると更に老けているイメージが加速してしまいます。一般的にお肌の曲がり角といわれるのは20代の頃ではありますが、最も肌質の変化を感じる方が多いのは30代になってからともいわれているので、30代で発生するしみ・そばかすの原因を知り、最適なケア方法を取り入れてみましょう。

30代のしみ・そばかすの原因

30代でしみができる大きな原因は他の年代と同じく紫外線にあります。10代や20代の頃はまだ肌が若々しいため、紫外線を浴びてもすぐに悪影響が出ることは少ないのですが、蓄積した紫外線が30代になってからしみとなって現れるケースが多いのです。

それに30歳くらいになると仕事が忙しくなる方も増えますよね。長く同じ会社に勤めていた方の場合、役職を務める場合もあるでしょう。その際に仕事への責任感からストレスが増え、精神的な悩みに繋がったり睡眠不足を実感する方も多いです。

睡眠不足は美肌作りの大敵でもあるため、十分に睡眠を取れていないことが原因で肌しみ・そばかすができやすくなる方もいます。

また、人によっては30代で妊娠や出産をすることもあるでしょう。妊娠や出産は体内のホルモンバランスを大きく変化させます。しみの中には肝斑(かんぱん)と呼ばれるものがあり、ホルモンバランスの乱れが原因で発生するタイプのしみであるため、妊娠や出産が理由でシミが増える方も多いです。

30代のしみ・そばかすのケア方法

しみやそばかすが気になるものの、まだレーザー治療を検討するまででもない…という方も多いでしょう。そういった方は気軽に取り入れやすいドリンクタイプから試してみてはどうでしょうか。

ドリンクタイプは体に吸収されやすいこともあり、錠剤タイプのサプリメントよりも即効性が期待できます。効果は医薬品ほどではありませんが、自分に合ったドリンクを取り入れてみてくださいね。

例えば、チョコラBBスパークリングはコンビニで取り扱っているため、とても気軽に購入できます。味にこだわって作られた商品も多いため、錠剤タイプのサプリメントは何となく薬っぽくて苦手…と感じている方も美容ドリンクを取り入れてみましょう。

生活習慣や日々のスキンケアを見直そう

もちろん、生活習慣を見直すことも大切です。睡眠不足の場合はそれを解消したり、毎日のスキンケアが間違っていないか確認をしましょう。スキンケアについては誰かに教わったわけでもなく、自己流で実践している方もいるのではないでしょうか。若い頃はそれでも良いかもしれませんが、30代以降になると間違ったスキンケアが原因で肌トラブルが発生することも大きくなります。

例えば、クレンジングや洗顔をする際に必要以上に肌に刺激を与えたり、自分の肌に合っていないスキンケアアイテムを使っていないか確認してみてくださいね。

しみ・そばかす対策はレーザー治療が効果的

しみ・そばかす対策にある程度お金をかけられるのであればレーザー治療も効果的です。注意しなければならないのが、発生しているしみが肝斑だった場合、レーザー治療を行うと状態が悪化してしまう可能性があります。クリニックで治療したいと思っている方は信頼できる医師のいるクリニックを選びましょう。

中にはろくな検査もなく簡単にレーザーを当てられ、状態が悪化してしまったという方もいるようなので、しみ・そばかす治療で評判の高いクリニックを選ぶことが重要です。クリニックではレーザー治療だけでなく、光治療や内服薬、塗り薬を使ったケアも行えるので相談してみてくださいね。まずは自分のしみ・そばかすの状態を正しく把握するためにも一度専門家に相談してみるのがおすすめです。

しみ・そばかすに効く 医薬品を徹底比較
本気でしみ・そばかすを消したいなら… 現役医師が認めた有効成分をチェック
松村 圭子医師

当サイト監修

成城 松村クリニック
松村 圭子医師

日本で一番女性にやさしいクリニックを目指す、成城松村クリニックで院長を務める松村圭子先生に監修頂いています。