HOME » 年代別で異なるしみ・そばかすの原因とケア方法 » 40代のしみ・そばかすの原因とケア方法

40代のしみ・そばかすの原因とケア方法

40代のしみやそばかすの原因、ケア方法などについてご紹介します。40代を迎えるまでしみやそばかすを放置し、それが頑固なものになっているケースも多いのですが、まだまだ肌状態の改善を目指すことは可能です。

40代のしみ・そばかす

40代のしみやそばかすを知る上で押さえておきたいのが、20代の頃と同じようなスキンケアを行っていたとしても状態の改善は期待できないということ。例えば、20代の時に行っていたのとほとんど同じスキンケアで済ませている方も多いでしょう。

しかし、年を取るに連れて肌はどんどん衰えてきます。10代や20代の頃は何もしなくても美肌を保てる方が多いのですが、40代になると肌は栄養不足の状態になるため、内側と外側からしっかり栄養を与えてあげることが重要になるのです。

40代のしみ・そばかすの原因

40代に入ってしみに気づく方もいますが、大きな原因はそれ前に蓄積していた紫外線にあります。これはどの年代にもいえることですね。

それに加え、40代はホルモンバランスが乱れやすくなる時期でもあります。そのため、しみやそばかすだけでなく、様々な肌トラブルが起きやすくなるでしょう。例えば、たるみなども40代に多い代表的な肌トラブルです。

しかも厄介なことに40代になってからは続々と新しいしみが増えます。今できているしみの対策を取っている間にも他のしみが出てくる可能性があるため、早急な対策が必要になるのです。

40代のしみ・そばかすのケア方法

日常的に行いたいケアの基本は丁寧な紫外線対策です。若い頃に比べて紫外線を受けて発生するメラニン色素を排出する力が弱くなっているため、季節を問わずに丁寧な紫外線対策を取り入れてみてくださいね。

それから、ホルモンバランスが乱れると肝斑と呼ばれる大きなシミができやすくなります。額から頬にかけて境界線のはっきりしないしみができた場合は肝斑を疑ってみましょう。

40代になると若い頃に比べて肌の生まれ変わり機能であるターンオーバーが衰えやすくなります。そこで、肌の生まれ変わりをサポートするピーリングなども取り入れてみましょう。クリニックで行うケミカルピーリングのほか、自宅で気軽に実践できるピーリング石鹸なども販売されているので、そういったものも役立ててみてくださいね。

また、40代になると頑固なシミに悩まされる方も多いです。薄いシミであれば生活習慣を整えて紫外線対策をしていれば徐々に薄くなるケースも多いのですが、濃くなってしまったシミは簡単には良くなりません。

医薬品やサプリメントを検討してみよう

仕事が落ち着いてある程度余裕が出ているのであれば、多少高価でも評価の高い医薬品を取り入れたいですね。医薬品は臨床試験なども行われてしっかりとした管理が行われているので、安心して取り入れられます。また、一般的にサプリメントよりもたくさんの有効成分が含まれているので、より高い効果を実感したいと思っているのであればサプリメントよりも医薬品の方が向いているでしょう。

ただ、40代は肌の奥でまだ眠っているしみが待ち構えている可能性もあるため、日常的に取り入れられるサプリメントを組み合わせるのもおすすめです。サプリメントといっても様々な種類がありますが、継続しなければ効果が期待できないため、最低でも3ヶ月以上は続けられるようなものを選びたいですね。

より高い効果を期待するのであればクリニックや病院の塗り薬

他にはクリニックで処方される塗り薬を取り入れる方も多いです。ドラッグストアで手軽に購入できる塗り薬の中には成分がそれほど強くないものが多いのですが、通販で購入できるような塗り薬の中には有効成分が多く含まれているものもあるため、そういったものも検討してみてくださいね。

特に効果的な成分はハイドロキノンやトレチノインです。

また、どの商品が良いのか悩んでいるのであればクリニックや病院で処方してもらうのも良いでしょう。どれくらいの費用がかかるのかは処方される薬によっても変わりますが、今のしみの状態を正しく判別してもらった上で最適な処方薬を選んでもらえるため肌のことについていろいろ相談したいことがある方もクリニックや病院で話を聞いてみましょう。

しみ・そばかすに効く 医薬品を徹底比較
本気でしみ・そばかすを消したいなら… 現役医師が認めた有効成分をチェック
松村 圭子医師

当サイト監修

成城 松村クリニック
松村 圭子医師

日本で一番女性にやさしいクリニックを目指す、成城松村クリニックで院長を務める松村圭子先生に監修頂いています。