HOME » 年代別で異なるしみ・そばかすの原因とケア方法 » 50代のしみ・そばかすの原因とケア方法

50代のしみ・そばかすの原因とケア方法

50代になるとしみやそばかすがあっても諦めてしまう方も多いようですが、まだまだ状態を改善させられます。化粧でごまかしてしまう方も多いですが、しみ・そばかすの原因を知り、効果的なケアを取り入れていきましょう。

50代のしみ・そばかす

50代になるとしみやそばかすだけでなく、たるみやしわなど様々な肌の悩みを抱えるようになります。30代や40代の頃からしみやそばかすが気になっていたものの、ファンデーションやコンシーラーを厚塗りすれば隠せるし…とケアを後回しにしてしまった方もいるのではないでしょうか。

しみやそばかすを見つけたらできるだけ早く対策をとることが重要です。対策が遅れてしまうと色が濃くなり、短期間ではなかなかケアできない状態になってしまいます。

肌も老化するため、10代や20代といった若い時期に比べるとケアをするのは簡単なことではありません。しかし、日常生活では紫外線対策をしながら50代に合ったスキンケアを取り入れれば状態は良くなります。

50代のしみ・そばかすの原因

年代を問わず、しみやそばかすができる大きな原因は紫外線にあります。そのため、若い頃から紫外線対策に力を入れていくことが大切です。

また、年をとればとるほど肌の新陳代謝機能であるターンオーバーが乱れやすくなるのですが、50代以降はこれが原因で老人性色素斑と呼ばれるものが現れることもあります。老人性色素斑とはしみの中でも代表的な症状でこちらも原因は紫外線です。若い頃は紫外線を浴びてメラニン色素が作り出されたとしてもそれを排出する力が備わっているのですが、40代、50代と年を重ねるにつれてその機能が弱くなり、しみとして残ってしまうことがあります。

老人性色素斑は特に40歳以降に発生しやすく、50代以降の多くの女性が悩んでいるのです。

50代のしみ・そばかすのケア方法

美白成分が含まれているアイテムを取り入れていきましょう。サプリメントやドリンクなどを取り入れるのも良いのですが、高い効果を期待しているのであれば強力な美白成分として知られているハイドロキノンを含んでいる美白化粧品を使うのがおすすめです。

ハイドロキノン配合の美白化粧品を試してみて

いろいろな美白成分を使ってみたものの、あまり効果がなくて諦めている方もいるのではないでしょうか。しかし、ハイドロキノンは一般的な美白成分に比べて10倍~100倍もの効果があるといわれているのです。

この他にもトラネキサム酸やビタミンC誘導体など美白効果の高い成分を含んだ美容液や塗り薬などを検討してみてくださいね。注意しておきたいのが成分の中には今現在できているしみやそばかすを改善するのではなく、予防に効果的なものもあるということ。

例えば、ハイドロキノンはすでにできているしみ・そばかすに働きかけてくれますが、アルブチンやプラセンタ、コウジ酸といった成分は予防目的で取り入れると効果的なので、できているしみ・そばかす解消目的の方は他のものも取り入れた方が良いです。

改めてスキンケアを見直して美白を目指しましょう

それから、スキンケアにも力を入れましょう。50代以降になると10代・20代に比べてしわが気になるようになりますよね。これは肌の水分量が低下していることが大きな原因です。肌が乾燥した状態では美肌にはなれません。若い頃よりも念入りな保水と保湿を行いましょう。

その際にはセラミドやヒアルロン酸といった保湿成分が含まれているものを選ぶと効果的です。

50代を過ぎたら頑固なしみやそばかすは絶対治らないというわけではありません。適切なケアを行えば薄くなるのでぜひ美白に挑戦してみてくださいね。

ただし、とにかく成分が強いものを選べば良いと考えるのは危険です。自分に向いている成分や美白の方法がわからない場合はクリニックや病院で相談するのもおすすめなので足を運んでみましょう。

また、50代になってから急にしみが気になり始めて慌てて対策を取っている方もいますが、そういった方は肌の奥ではまた次に出てくるしみが眠っている可能性があるので、目に見えているものが良くなったからといってケアを中断するのではなく、引き続き美白対策を取り入れていくことが大切です。

しみ・そばかすに効く 医薬品を徹底比較
本気でしみ・そばかすを消したいなら… 現役医師が認めた有効成分をチェック
松村 圭子医師

当サイト監修

成城 松村クリニック
松村 圭子医師

日本で一番女性にやさしいクリニックを目指す、成城松村クリニックで院長を務める松村圭子先生に監修頂いています。