HOME » 年代別で異なるしみ・そばかすの原因とケア方法

年代別で異なるしみ・そばかすの原因とケア方法

しみ・そばかすを解消するためには年代ごとに合わせたケアを取り入れる必要があります。また、年代によってしみ・そばかすが発生する原因も異なるので、原因に合わせたケアを取り入れていきましょう。具体的な方法についてご紹介します。

20代のしみ・そばかすの原因とケア方法

しみやそばかすが目立つ年代といえば一般的に30代以降なのですが、20代のうちからしみやそばかすが目立っている場合は紫外線対策を間違えていたり、効果的な対策ができていない可能性が高いです。

20代の若さですでに老人性色素斑ができてしまうこともあります。こちらは紫外線によってメラニンが活性化することによって発生するシミです。

それから、自分に合っていないスキンケアアイテムを使うと肌への刺激が大きくなり、それがしみやそばかすとして現れてしまうこともあります。

20代の方は自分に合ったスキンケアアイテムを探すことから始めてみましょう。敏感肌用の美白化粧品を使うのがおすすめです。

30代のしみ・そばかすの原因とケア方法

30代はお肌の曲がり角を迎え、しみ・そばかすが目立ちやすくなる年代でもあります。しみやそばかすが発生する大きな原因は紫外線です。若いうちはそれほど丁寧な紫外線対策をしなくても肌トラブルを避けられますが、30代以降はより一層丁寧な紫外線対策を心がけてくださいね。

若い頃に比べると肌の新陳代謝が衰えているため、ピーリングを取り入れて肌の代謝を高めてあげるのも効果的です。また、肌の水分量も少なくなりがちなので、保水だけでなく保湿にも力を入れましょう。できれば肌のバリア機能を高める成分が含まれているものを選択すると効果的です。

40代のしみ・そばかすの原因とケア方法

40代になるとしみに悩む方が増えてきます。また、30代のうちまでにそばかす対策が不十分だった場合にはかなり濃くなっているケースも多いです。

しみの中でも肝斑に悩む方が増えるのですが、これは黄体ホルモンとも呼ばれるプロゲステロンが大きく関係しています。40代はホルモンバランスが崩れやすく、プロゲステロンの影響が増えることに加え、紫外線が原因で発生する老人色素斑も目立ちやすくなるので注意しましょう。

ケア方法としてケミカルピーリングのほか、濃くなったシミにはビタミンCやハイドロキノンを使用している塗り薬を取り入れると効果的です。

50代のしみ・そばかすの原因とケア方法

若いうちに美白ケアを怠っていると50代を迎えてから一気にシミやそばかすが増える方もいます。大きな原因は肌の新陳代謝機能であるターンオーバーが乱れることにあるので、新陳代謝機能を整えてあげましょう。

もちろん、この年代になっても紫外線対策は重要です。普段は十分な紫外線対策をし、しみ・そばかす対策としてピーリングやドクターズコスメも取り入れてみてくださいね。食生活などの改善も心がけ、食事から肌にとって良い栄養素を取り入れるのも効果的です。

50代はたるみやシワなど肌トラブルが発生しやすい年代でもあるので、美白化粧品なども積極的に取り入れ、対策を取っていきましょう。

しみ・そばかすに効く 医薬品を徹底比較
本気でしみ・そばかすを消したいなら… 現役医師が認めた有効成分をチェック
松村 圭子医師

当サイト監修

成城 松村クリニック
松村 圭子医師

日本で一番女性にやさしいクリニックを目指す、成城松村クリニックで院長を務める松村圭子先生に監修頂いています。